ホーム> パソコン全般 > | パソコン関係 > パソコンの故障率が増加する温度

パソコンの故障率が増加する温度

パソコンは環境次第で故障が多くなったりします。特にパソコンは処理が大きくなるとパソコンパーツが高い熱をもつので、壊れやすくなります。

■正常なパソコンパーツの温度
通常は、室温25℃から30℃に対しパーツ温度40℃から45℃程度なら正常の範囲内だといわれています。

■夏のパソコン故障率増加
夏の間は他の季節に比べパソコンの故障率が跳ね上がります。室内だと気温以上に室温が上る可能性があるので、パソコンの温度も高くなりやすいので注意が必要です。

■正常な温度を超えている場合
正常の範囲内を超えていても、ある程度までは普通にパソコンは動作しますが確実に寿命は短くなります。

■温度チェックができるフリーソフト
パソコンの温度がチェックできるフリーソフトがあり、CPUIDHarewareMonitorCore Tempがあります。
 

はてなブックマーク livedoorクリップに追加 Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク Buzzurlにブックマーク

アーカイブ

ホーム> パソコン全般 > | パソコン関係 > パソコンの故障率が増加する温度

おすすめパソコンメーカー
おすすめプロバイダ
おすすめレンタルサーバー
おすすめSSL証明書代理店
おすすめネットバンク
アフィリエイト(ASP)
フィード
Follow me
携帯、スマートフォン対応
ブラウザ環境でうまく表示されません。

このページの最初に戻る