ホーム> パソコンの機能 > | パソコン関係 > 64bit版と32bit版の搭載OSパソコンの違い

64bit版と32bit版の搭載OSパソコンの違い

パソコンパーツのスペックが進化するにつれ、OSの最大メモリ容量も充分ではなく、むしろ不足している状況になりました。64bit版と32bit版の搭載OSパソコンの違いについて説明します。

■ビットと処理能力
パソコンのビットという情報の単位は32ビット版なら2の32乗、64ビット版なら2の64乗の情報を一度に処理できるコンピュータという意味になります。
つまり、32ビット版なら約4GBですが、64ビット版なら約4GBの40億倍ぐらいに圧倒的に大きくなります。

■32bit版のOSの認識容量
通常32bit版のOSでは、約4GBまで一度に認識できますが、稼働しているOSや常駐アプリも考慮して、約3.5GB程度までしか認識しません。

■認識容量を超えたファイル
認識容量を超えたファイルは、どこかに一時保存され一度で処理できなくなり、コピーを始めとした様々な処理が遅くなります。

■巨大な認識容量の恩恵
最近では動画やゲームでも4GB以上のファイルであるものが珍しくありませんので、そういったものでは、巨大ファイルの取り扱いの場合には処理が快適になります。

■未対応アプリケーションのデメリット
ソフトウェアやアプリには64bit版環境でも問題なく動作するもありますが、そうではないものもあり、バージョンの更新をしてないような古いアプリを多く利用している場合は問題があるかもしれません。
 

はてなブックマーク livedoorクリップに追加 Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク Buzzurlにブックマーク

アーカイブ

ホーム> パソコンの機能 > | パソコン関係 > 64bit版と32bit版の搭載OSパソコンの違い

おすすめパソコンメーカー
おすすめプロバイダ
おすすめレンタルサーバー
おすすめSSL証明書代理店
おすすめネットバンク
アフィリエイト(ASP)
フィード
Follow me
携帯、スマートフォン対応
ブラウザ環境でうまく表示されません。

このページの最初に戻る