ホーム> パソコンの機能 > | パソコン関係 > BDドライブとDVDドライブの違い

BDドライブとDVDドライブの違い

ブルーレイディスクドライブ(BDドライブ)がパソコンのドライブにも普及しており、DVDドライブからの移行が進んでいます。BDドライブとDVDドライブの違いについて説明します。

■ドライブの現在の状況
現在のドライブは、DVD/CD系はDVDスーパーマルチドライブ、それらの機能に加えて、BD対応型のブルーレイドライブが主流です。

■BDとDVDのレーザー
従来のDVDは赤色レーザーで読み書きしていましたが、ブルーレイは青紫色半導体レーザーを使っています。

■光学ドライブとは
光ディスクに対してレーザー光を用いて読み書きするドライブ機器です。

■DVDドライブの推移
DVD/CD系ではCD-ROMドライブから始まり、DVD-ROMドライブ、DVD-RWやDVD+RWドライブ、DVD-RAMドライブと多数のDVD規格が登場しましたが、その後でDVDスーパーマルチドライブが主流化しました。

■DVDスーパーマルチドライブ
DVD-RAMにも対応し、2層式であるDLタイプにも対応しており、基本的にすべてのCD/DVD規格に対応しています。

■BDディスク
フルハイビジョン(フルHD)に対応すべく登場し、BDディスクは、1層式ならDVDの約5倍のデータを収録できます。
 

はてなブックマーク livedoorクリップに追加 Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク Buzzurlにブックマーク

アーカイブ

ホーム> パソコンの機能 > | パソコン関係 > BDドライブとDVDドライブの違い

おすすめパソコンメーカー
おすすめプロバイダ
おすすめレンタルサーバー
おすすめSSL証明書代理店
おすすめネットバンク
アフィリエイト(ASP)
フィード
Follow me
携帯、スマートフォン対応
ブラウザ環境でうまく表示されません。

このページの最初に戻る