ホーム> サーバー > | レンタルサーバー全般 > レンタルサーバーとGENOウィルス

レンタルサーバーとGENOウィルス

レンタルサーバーの脅威の1つにGENOウィルスがあります。レンタルサーバーとGENOウィルスの症状について紹介します。

■GENOウイルスとは
Adobe FlashやAdobe Readerの脆弱性を突いたウィルスで、感染したサイトをブラウザで閲覧させるだけで感染します。

■GENOの過去の脅威
ウィルスのサーバーへの侵入は、自宅サーバや自社サーバで起こりやすいことですが、2009年にGENOウィルスは多くのレンタルサーバーで広まり、多くのサイトが危険なサイトとして認識されたことがあります。

■サイトの改ざん
GENOウィルスによってサイト内容が書き換えられてしまうことがあります。

■FTPソフトなどの情報を盗み出す
感染したパソコンにあるホームページ制作ソフトなどからFTPソフトなどの情報を盗み出し、ウィルスに感染したページを勝手にアップすることがあります。

■再設定の必要
感染した場合、パソコンのウィルスチェックやOSの再インストール、ウェブサイトの一時的な閉鎖、FTPパスワードの変更などが必要に鳴る場合があります。

■パソコンウィルスの感染の告知
ウェブサイトを修復し安全性を確認した後、ウェブサイトを公開し、一定期間はパソコンウィルスに感染した可能性があることを伝えましょう。

はてなブックマーク livedoorクリップに追加 Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク Buzzurlにブックマーク

アーカイブ

ホーム> サーバー > | レンタルサーバー全般 > レンタルサーバーとGENOウィルス

おすすめパソコンメーカー
おすすめプロバイダ
おすすめレンタルサーバー
おすすめSSL証明書代理店
おすすめネットバンク
アフィリエイト(ASP)
フィード
Follow me
携帯、スマートフォン対応
ブラウザ環境でうまく表示されません。

このページの最初に戻る