ホーム> ウェブサイト > | サーバー > Javascriptやiframeの改ざん

Javascriptやiframeの改ざん

第三者によってウェブサイトのHTMLが改ざんされてなされるものの1つにJavascriptやiframeを使うものがあります。ウェブサイトのJavascriptやiframeの改ざんについて紹介します。

■Javascriptやiframeの改ざん
第三者によって、ウェブサイトのHTMLなどが改ざんされ、Javascriptやiframeの場合は、外部の不正プログラムを呼び出していることなどがあります。

■危険なサイトに判定
改ざんが行われるとGoogleセーフブラウジングなどでは危険なサイトと判定されてしまうことがあります。

■不正アクセスやウィルス
方法はたいがい不正アクセスやコンピュータウィルスなどによってサイトが改ざんされてしまいます。

■改ざんプログラムの削除
ソースの中に覚えのないJavascriptやiframeがあった場合には削除する必要があります。しかし、プラグインなどによって勝手に追加されるコードと明確に区別しましょう。

■一度侵入されたサーバは
不正アクセスされたサーバには、再度侵入してくる為のバックドアが仕掛けられている可能性が高くなります。

■再度の改ざんの防止
再度の改ざんを防ぐためにサーバのウィルスチェックとFTPパスワードの変更などを行う必要があります。
 

はてなブックマーク livedoorクリップに追加 Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク Buzzurlにブックマーク

アーカイブ

ホーム> ウェブサイト > | サーバー > Javascriptやiframeの改ざん

おすすめパソコンメーカー
おすすめプロバイダ
おすすめレンタルサーバー
おすすめSSL証明書代理店
おすすめネットバンク
アフィリエイト(ASP)
フィード
Follow me
携帯、スマートフォン対応
ブラウザ環境でうまく表示されません。

このページの最初に戻る