ホーム> サーバー > | レンタルサーバーの基礎知識 > レンタルサーバーの収容人数

レンタルサーバーの収容人数

共有サーバーやVPSサーバーといわれるものは、サーバーを複数の人で利用することになります。レンタルサーバーの収容人数について紹介します。

■サーバーの共有で回線も分割
サーバーを共有すると、サーバーそのものが共有される以外に、回線を収容人数で共有することになり、一人に割り与えられる回線は分割されてしまうことになります。

■収容人数は非公開
ほとんどのレンタルサーバー事業者では、サーバーの収容人数」は非公開になっていてい、問い合わせても、わかりません。

■収容人数と利益とパフォーマンス
収容人数を増やせば、サーバー会社の利益は大きくなりますが、リソースを多くの人で共有するため、パフォーマンスは低下します。

■収容人数の調べ方
ユーザ数は、シェルでコマンドを実行するか、もしくはSSIからシェルスクリプトを実行することで確認できます。もしくは、FTPで接続し、homeまで戻り、ファイルを範囲選択すれば、分かります。
コマンドの意味は、/homeディレクトリ以下にあるディレクトリのうち、指定した名称以外のディレクトリの数をカウントするものです。
% ls -l /home | grep ^d | egrep -v ‘ports|iadmin|quota.user|config|admin|phpmyadmin|cpadmin|lost+found|vmail|webftp|webmail|
error|ftp|cgi-bin’ | wc -l
 

はてなブックマーク livedoorクリップに追加 Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク Buzzurlにブックマーク

アーカイブ

ホーム> サーバー > | レンタルサーバーの基礎知識 > レンタルサーバーの収容人数

おすすめパソコンメーカー
おすすめプロバイダ
おすすめレンタルサーバー
おすすめSSL証明書代理店
おすすめネットバンク
アフィリエイト(ASP)
フィード
Follow me
携帯、スマートフォン対応
ブラウザ環境でうまく表示されません。

このページの最初に戻る