ホーム> パソコンの機能 > | パソコン関係 > パソコンのセキュリティチップ

パソコンのセキュリティチップ

パソコンのセキュリティを高めるものに、セキュリティチップと呼ばれるものがあります。パソコンのセキュリティチップについて紹介します。

■セキュリティチップとは
パソコンのデータの漏洩防止を目的としたチップで、ハードディスクの暗号化を解く鍵を保管して、必要に応じてハードディスクの内容を復号化して利用可能にする。セキュリティ強度を高めるための専用LSIです。

■主に企業向け
主に企業向けのパソコンに標準搭載されるケースが増えている。

■通常のパソコンとの違い
通常は、暗号化されたデータと暗号化を解く鍵は、両方ともハードディスクの中にありますが、セキュリティチップつきは、ハードディスクだけを抜き出して他のパソコンにつないでも、データを復号化して読み出すことは極めて困難になる。

■セキュリティチップの仕様
情報機器のセキュリティ向上に取り組む業界団体TCG(Trusted Computing Group)が定めており、事実上の標準になっている。

■セキュリティチップの2つの機能
主に「暗号鍵の格納および暗号化機能」と、「正常時のBIOS・基本入出力ソフトの設定記憶機能」を備える。

■正常時のBIOSの設定記憶機能
セキュリティチップ内の不揮発性メモリにBIOSの設定情報を記憶しておき、パソコンの起動時に、記録していた情報と同じかどうかチェックする。
 

はてなブックマーク livedoorクリップに追加 Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク Buzzurlにブックマーク

アーカイブ

ホーム> パソコンの機能 > | パソコン関係 > パソコンのセキュリティチップ

おすすめパソコンメーカー
おすすめプロバイダ
おすすめレンタルサーバー
おすすめSSL証明書代理店
おすすめネットバンク
アフィリエイト(ASP)
フィード
Follow me
携帯、スマートフォン対応
ブラウザ環境でうまく表示されません。

このページの最初に戻る