ホーム> サーバー > | レンタルサーバーの基礎知識 > レンタルサーバーの利用目的

レンタルサーバーの利用目的

レンタルサーバーを借りる目的は、何に使うかで変わります。レンタルサーバーの利用目的について紹介します。

■ウェブサイトに利用する
レンタルサーバーを借りる一般的な目的だと思います。自宅・自社サーバーで運営するのは通常、手間とコストがかかるので、すでに完成しているシステムを利用した方がはるかに簡単です。

■データ保存用に利用する
最近のレンタルサーバーはRAIDによるバックアップをしているところも増えていて、バックアップ用としても悪くありません。

■データを共有する
ウェブサイトでなくても、サーバーのアドレスを共有することで、データを共有する環境がつくれます。複数人数で利用する場合はメールやメッセンジャーを使ってファイルを転送するよりもはるかにリスクが小さく、レンタルサーバーの共有スペースにアップロードして、各自ダウンロードするよう知らせるだけで済みます。

■テスト環境を試す
WEBプログラミングの勉強のため、テスト環境を構築する方もいるでしょう。回線や処理で負荷などを試す場合、共用では迷惑なので、専用レンタルサーバーを契約する必要があります。

はてなブックマーク livedoorクリップに追加 Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク Buzzurlにブックマーク

アーカイブ

ホーム> サーバー > | レンタルサーバーの基礎知識 > レンタルサーバーの利用目的

おすすめパソコンメーカー
おすすめプロバイダ
おすすめレンタルサーバー
おすすめSSL証明書代理店
おすすめネットバンク
アフィリエイト(ASP)
フィード
Follow me
携帯、スマートフォン対応
ブラウザ環境でうまく表示されません。

このページの最初に戻る