ホーム> インターネット > | プロバイダの基礎知識 > 光のマンションと一戸建ての違い

光のマンションと一戸建ての違い

光でもマンションと一戸建てのプランでは料金などを含め違いがありますので、光のマンションと一戸建ての違いについて簡単に紹介します。

◆一戸建ての場合
■工事の内容
各家の中に直接光回線を引き込んで利用します。電信柱から家に光回線を引き込みますが、エアコン用や電話線の引きこみパイプを利用するので工事自体は簡単にできます。

■料金と速さ
料金はマンションタイプより若干高めですが、その家専用の線を引けるので速度は速い。

◆マンションタイプの場合
■工事の内容
建物まで一旦、光回線を引き込み、共有部分から各戸に回線を分配します。共有部分に引き込んだ光回線を各家に配線する方法はマンションによって異なり、直接引く、LANを使う、電話線を使うVDSLなどがあります。

■料金と速さ
共有して利用するので料金が安く済みますが、共有状態は込みやくくなるので、速度は専用線より落ちます。

■工事の引き込みの手間
新しいマンションの場合はあらかじめ各戸に配線して使えるようになっている場合もありますが、まだ、誰も利用者がいない場合、許可をもらうなど手間がかかります。

■マンションでもファミリー契約になる場合がある
マンションが光を導入していない場合はマンションタイプを利用できないので、一戸建てタイプのファミリー契約となります。

■別途工事の場合、許可がいる
ファミリータイプを導入する場合は別途工事が必要で、工事費はNTT側で負担をしてくれますが、NTTの工事の報告書を管理会社に提出して、管理会社が工事を認めた場合のみ契約ができます。

はてなブックマーク livedoorクリップに追加 Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク Buzzurlにブックマーク

アーカイブ

ホーム> インターネット > | プロバイダの基礎知識 > 光のマンションと一戸建ての違い

おすすめパソコンメーカー
おすすめプロバイダ
おすすめレンタルサーバー
おすすめSSL証明書代理店
おすすめネットバンク
アフィリエイト(ASP)
フィード
Follow me
携帯、スマートフォン対応
ブラウザ環境でうまく表示されません。

このページの最初に戻る