ホーム> サーバー > | レンタルサーバーの基礎知識 > レンタルサーバーのバックボーン

レンタルサーバーのバックボーン

レンタルサーバーの安定性を示すときに、バックボーンという表現がでてきます。簡単にいえば、期間回線や回線の太さで、回線が太いと転送速度が高いということを意味します。

■ホームページが軽い
転送速度が高ければ、そのサイトの閲覧が軽快にできます。回線の太さが不十分だった場合には、そのページが表示されるまでに時間がかかります。

■転送速度を決めるのは
転送速度を左右する要素は、バックボーンと、サーバー収容人数のセットで決まります。

■回線の太さの単位
回線の太さを表す単位は「bps」で、 「100Gbps」というように表記されます。ビット(bit)、パー(per)、セカンド(second)を意味していて、一秒当たり何ビット転送できるかを表します。

■複数回線
複数回線でであれば安定性が増します。

■ネットワークの接続数
バックボーンネットワークに何台のサーバーが接続しているかで、遅くなる場合があります。

■ネットワーク通信量
ほとんどのサーバー会社は、自社のネットワーク通信量を公表していませんので、バックボーンが良くても、それ以上に、ネットワーク通信量が大きい場合があります。
 

はてなブックマーク livedoorクリップに追加 Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク Buzzurlにブックマーク

アーカイブ

ホーム> サーバー > | レンタルサーバーの基礎知識 > レンタルサーバーのバックボーン

おすすめパソコンメーカー
おすすめプロバイダ
おすすめレンタルサーバー
おすすめSSL証明書代理店
おすすめネットバンク
アフィリエイト(ASP)
フィード
Follow me
携帯、スマートフォン対応
ブラウザ環境でうまく表示されません。

このページの最初に戻る