ホーム> インターネット > | 高速モバイル関係 > 高速データ通信の特徴

高速データ通信の特徴

高速データ通信とは、第3世代移動通信システムのうち、高速データ通信規格に準拠したもので、3.5G以降が対象になる。現在は、4G、正確には3.9Gが普及しつつある。

■データ通信とは
データ通信そのものは、データ伝送とデータ処理の両方の機能を一つにまとめたもので、コンピュータ同士の情報のやり取りに使われていて、昔からあった。

■高速データ通信とは
高速データ通信は、音楽配信や動画などの大容量の高速移動体データ通信を可能とする目的で開発され、大容量転送を実現。

■現在の高速データ通信
WiMAX、イーモバイルLTE、SoftBank4G、ドコモXi(クロッシィ)が現在の代表格で、さらにWiMAX2、LTE-Advancedなどが将来的に提供される予定である。

はてなブックマーク livedoorクリップに追加 Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク Buzzurlにブックマーク

アーカイブ

ホーム> インターネット > | 高速モバイル関係 > 高速データ通信の特徴

おすすめパソコンメーカー
おすすめプロバイダ
おすすめレンタルサーバー
おすすめSSL証明書代理店
おすすめネットバンク
アフィリエイト(ASP)
フィード
Follow me
携帯、スマートフォン対応
ブラウザ環境でうまく表示されません。

このページの最初に戻る