ホーム> サーバー > | レンタルサーバー全般 > 同時実行数制限による503エラー対策

同時実行数制限による503エラー対策

サイトが大きくなると同時実行数制限による503エラーが起き、対策が必要になってきます。共有レンタルサーバーでは1コのサーバーに大量のサーバー利用者がすし詰めなので、リソースを大量に使用するプログラムの利用は制限をかけられる可能性が高いです。

通常の対処は
■プログラム利用を見直す
■検索エンジンのクローラーを.htaccessでCGIやCMSにクロールさせないようにする
■アクセス数の多いコンテンツは静的コンテンツに切り替える
■.htaccessによるIP制限(検索エンジンを除く)
などの対策が考えられます。

特に、アクセス解析系のプログラムは同時実行の過負荷が起こりやすく、サーバーインストール型のResearch Artisan Lite(リサーチアルチザンライト)を複数設置されていると制限をかけられるかもしれません。

過負荷が起こっているサイトだけGoogleアナリティクスやStatCounterの併用に切り替えたり、有料のアクセス解析サイトを利用する必要がでてきます。

一部のレンタルサーバーではコントロールパネルから「リソース情報」をみることができ、制限をかけられているか調べられます。

制限をかけられたら、原因解決後にサポートに連絡して制限解除をお願いして連絡を待ちましょう。
 

はてなブックマーク livedoorクリップに追加 Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク Buzzurlにブックマーク

アーカイブ

ホーム> サーバー > | レンタルサーバー全般 > 同時実行数制限による503エラー対策

おすすめパソコンメーカー
おすすめプロバイダ
おすすめレンタルサーバー
おすすめSSL証明書代理店
おすすめネットバンク
アフィリエイト(ASP)
フィード
Follow me
携帯、スマートフォン対応
ブラウザ環境でうまく表示されません。

このページの最初に戻る