ホーム> サーバー > | ドメイン > ドメインの基本

ドメインの基本

ネットが普及し、それにともなってホームページの数も爆発的に増えています。特にドメインは様々なものが普及しています。ドメインの基本的なことについて紹介します。

■独自ドメイン
■サブドメイン
■サブディレクトリドメイン
■ジェネリックトップレベルドメイン(gTLD)
■カントリーコードトップレベルドメイン(ccTLD)
■セカンドレベルドメイン(SLD)

■独自ドメイン
www.example.comかexample.com
ユニーク名にwwwありかなしが独自ドメインです。長期的にホームページを運営し、力を注ぐなら、独自ドメインを取得することになります。

■サブドメイン
sub.example.comとかsub2.sub.example.com
ユニーク名に何かがついている形のドメインです。ライブドアやFC2などのブログサービスで無料で使える場合があり、また、サーバー契約で対応していれば、独自ドメインにサブドメインを設定できます。
ドメインのユニーク部分とは別個の1つのドメインとして認識されるので、検索エンジンでもユニーク部分とは競合しません。

■サブディレクトリドメイン
example.com/sub
ユニーク名の独自ドメインの下の階層に設定できます。
ドメインのユニーク部分と同じドメインとして認識されるので、そのユニーク部分の支配の恩恵を得られますが、検索エンジンでユニーク部分と競合します。

■ジェネリックトップレベルドメイン(gTLD)
com、net、org、info、biz
日本で使われる一般的なgTLDです。一般的にトップレベルドメインとはこれらのことをいいます。comやnetの使用率は非常に高く3・4文字ドメインはほとんど残っていません。comはネット初期に登場した一番馴染みのもの。

■カントリーコードトップレベルドメイン(ccTLD)
jp、アメリカのus、イギリスのuk
その国・地域でしか取れないドメインです。co.jpは日本の企業しか取れないものです。

■セカンドレベルドメイン(SLD)
co.jp、ac.jp、go.jp、or.jp、ne.jp、ad.jp
トップレベルドメイン(TLD)に属性がついているドメイン。

はてなブックマーク livedoorクリップに追加 Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク Buzzurlにブックマーク

アーカイブ

ホーム> サーバー > | ドメイン > ドメインの基本

おすすめパソコンメーカー
おすすめプロバイダ
おすすめレンタルサーバー
おすすめSSL証明書代理店
おすすめネットバンク
アフィリエイト(ASP)
フィード
Follow me
携帯、スマートフォン対応
ブラウザ環境でうまく表示されません。

このページの最初に戻る