ホーム> サーバー > | レンタルサーバーの基礎知識 > レンタルサーバーの転送量制限

レンタルサーバーの転送量制限

レンタルサーバーには転送量があります。転送量とは、サイト閲覧者がサイトを表示するときにサイトのデータを取得するデータ量などのことです。

■計算法
「自分のサイトの重さ×1日のアクセス数」で計算でき、トップページのデータ量が50KB、1日のアクセス数が1,000HITなら、50MB/日になります。

■追加料金の発生
ほとんどのレンタルサーバーは通常、転送量制限があります。そして、転送量制限を超過すると超過分に対して、歩合で追加料金が発生します。

■転送量の記述がなくても
転送量の記載がない場合がありますが、転送量無限という意味ではありません。サーバーダウンを防ぐためにも必ず転送量制限がかかります。

■転送量の無限の記載
転送量無限の記載がある場合も文字通りの意味なのか、特に制限を定めていないのか分かれる場合があります。

■画像の使用には注意
画像を沢山使用している場合は、注意が必要です。高画質の画像は表示するだけで、大量のデータ量がありますので、格安レンタルサーバーでは、転送量の上限を超えてしまうのも簡単です。

はてなブックマーク livedoorクリップに追加 Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク Buzzurlにブックマーク

アーカイブ

ホーム> サーバー > | レンタルサーバーの基礎知識 > レンタルサーバーの転送量制限

おすすめパソコンメーカー
おすすめプロバイダ
おすすめレンタルサーバー
おすすめSSL証明書代理店
おすすめネットバンク
アフィリエイト(ASP)
フィード
Follow me
携帯、スマートフォン対応
ブラウザ環境でうまく表示されません。

このページの最初に戻る