ホーム> インターネット > | プロバイダの基礎知識 > ブロードバンドのシェア

ブロードバンドのシェア

ブロードバンドのシェアが年々、より速いものに移っています。2012年現在、固定回線には、FTTH、ADSL、CATV、ナローバンドがありますが、最近特に強みを増しているのが、FTTHの光です。

大容量転送で料金も手頃になり、契約を変更している人も多いのではないでしょうか。ADSLに変わった頃も十分な性能でしたが、時が移り、大容量コンテンツが増加し、大きめのダウンロードも珍しくなくなり、快適な回線に移りたくなっても仕方のないことです。

モバイルブロードバンドのデータオフロード需要やNTT東西によるPSTNのIP網への移行計画で、FTTHの増加が一段と進む見通し。


ブロードバンドの需要予測
引用:FTTH市場はモバイルとの相乗効果に期待―ブロードバンド回線事業者の加入件数調査 (11年9月末時点)― - 株式会社 MM総研


ナローバンドを含めた接続サービスの需要予測
引用:同上

はてなブックマーク livedoorクリップに追加 Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク Buzzurlにブックマーク

アーカイブ

ホーム> インターネット > | プロバイダの基礎知識 > ブロードバンドのシェア

おすすめパソコンメーカー
おすすめプロバイダ
おすすめレンタルサーバー
おすすめSSL証明書代理店
おすすめネットバンク
アフィリエイト(ASP)
フィード
Follow me
携帯、スマートフォン対応
ブラウザ環境でうまく表示されません。

このページの最初に戻る