ホーム> サーバー > | レンタルサーバーサービス > CPI(シーピーアイ)の特徴

CPI(シーピーアイ)の特徴

KDDIが運営する法人向けホスティングサーバーであるCPI(シーピーアイ)。共有サーバー、VPS、専用サーバーなどがあります。

CPI

無制限レンタルサーバーを謳い、共用サーバーとしては月額料金が高めなのですが、管理する全てのドメインを1つのサーバーで管理できます。

ショッピングカート、ブログ、アクセスログ分析、データベース、ウイルスチェックサービス、アクセス制御、SSL対応などのサービスを提供します。

フォーム作成機能、充実のメール機能、グループウェア機能、大容量ファイルの転送機能などビジネスには欲しい機能が詰まっています。

CPIストアカートプラン(SEO Plus)は初心者でも簡単に使えるSEO対策ツールで、専門知識がない方でもお手軽にSEO対策ができる。

10日間無料お試しで利用することができます。

4万件以上の利用実績があり、個人の方でも利用できますが、法人をターゲットとしてセキュリティサポートに気を配っていて、オプションで24時間365日対応の電話サポートも用意されています。

安定表示、安定稼働については高レベルで、SLA(品質保証制度)で100%稼働率保証していて20日間の返金保証付きです。

KDDIのCPIはVPSのプランを一新し、少しの間、販売を中止していましたが、2011/07/27より販売開始していて、一般的なVirtuozzoの仕様になり、SWAPは使えなくなりました。

はてなブックマーク livedoorクリップに追加 Google Bookmarks Yahoo!ブックマーク Buzzurlにブックマーク

アーカイブ

ホーム> サーバー > | レンタルサーバーサービス > CPI(シーピーアイ)の特徴

おすすめパソコンメーカー
おすすめプロバイダ
おすすめレンタルサーバー
おすすめSSL証明書代理店
おすすめネットバンク
アフィリエイト(ASP)
フィード
Follow me
携帯、スマートフォン対応
ブラウザ環境でうまく表示されません。

このページの最初に戻る